ガイドブック:秋の散策プラン 城まつり実行委が制作、無料配布−−彦根 /滋賀 - 毎日新聞


北庄城:さよなら 復元模型、撤去−−福井 /福井 - 毎日新聞


坂本城陣鐘や聖観音立像・石灯籠も 西教寺の収蔵庫初公開 滋賀 - 産経ニュース


上越観光コンベンション協会(田中弘邦会長)は2014年10月1日、来年の「第90回高田城百万人観桜会」の会期を4月3~19日の17日間に決定したと発表した。会期の発表は例年12月に行っていたが、来年は3月14日に北陸新幹線上越妙高駅が開業し、長野市の善光寺御開帳(4月5日~5月31日)もあり、誘客促進に向けた早期のピーアール活動を行うため、発表を2か月早めた。

 上越市の高田公園を中心に開かれる高田城百万人観桜会は、同市最大の観光イベントで、今年の入り込み数は過去最多の131万3000人を記録。2012年から3年連続で100万人を超えている。

 観桜会を主催する同協会と上越市、上越商工会議所が、過去のサクラの開花予想や満開時期などを勘案して会期を決めている。

 同協会では今後、来年の観桜会に向けてポスターやチラシなど宣伝物の作成に着手し、旅行代理店などへのピーアール活動を進める。
 (北陸新幹線開業後最初の高田城百万人観桜会 会期4月3日からに決定 : 上越タウンジャーナルから)

上越観光コンベンション協会(田中弘邦会長)は2014年10月1日、来年の「第90回高田城百万人観桜会」の会期を4月3~19日の17日間に決定したと発表した。会期の発表は例年12月に行っていたが、来年は3月14日に北陸新幹線上越妙高駅が開業し、長野市の善光寺御開帳(4月5日~5月31日)もあり、誘客促進に向けた早期のピーアール活動を行うため、発表を2か月早めた。

 上越市の高田公園を中心に開かれる高田城百万人観桜会は、同市最大の観光イベントで、今年の入り込み数は過去最多の131万3000人を記録。2012年から3年連続で100万人を超えている。

 観桜会を主催する同協会と上越市、上越商工会議所が、過去のサクラの開花予想や満開時期などを勘案して会期を決めている。

 同協会では今後、来年の観桜会に向けてポスターやチラシなど宣伝物の作成に着手し、旅行代理店などへのピーアール活動を進める。
(北陸新幹線開業後最初の高田城百万人観桜会 会期4月3日からに決定 : 上越タウンジャーナルから)

出典: joetsutj.com


大野市は10月から、「天空の城」として売り出し中の越前大野城の開館時間を3時間早め、午前6時に変更する。城が雲海に浮かぶ早朝に、天守から幻想的な景色を堪能してもらう。

 越前大野城は、市中心部の亀山(標高249メートル)の山頂にある。雲海に浮かんで見えるのは前日に雨が降り、冷え込んだ早朝だ。街中を包む霧が上から晴れていく過程で、市街地よりも先に城郭が姿を現す。

 市は、その雄大な姿を昨年からホームページや観光パンフレットなどで紹介。閲覧した人から「城に登って雲海に囲まれている様子を見てみたい」と要望する声が寄せられていた。入館は午後4時まで。12月1日~3月19日は休館。入館料200円(中学生以下無料)。問い合わせは生涯学習課(0779・66・5410)。
 (福井)「天空の城」越前大野城、10月から午前6時開館:朝日新聞デジタルから)

大野市は10月から、「天空の城」として売り出し中の越前大野城の開館時間を3時間早め、午前6時に変更する。城が雲海に浮かぶ早朝に、天守から幻想的な景色を堪能してもらう。

 越前大野城は、市中心部の亀山(標高249メートル)の山頂にある。雲海に浮かんで見えるのは前日に雨が降り、冷え込んだ早朝だ。街中を包む霧が上から晴れていく過程で、市街地よりも先に城郭が姿を現す。

 市は、その雄大な姿を昨年からホームページや観光パンフレットなどで紹介。閲覧した人から「城に登って雲海に囲まれている様子を見てみたい」と要望する声が寄せられていた。入館は午後4時まで。12月1日~3月19日は休館。入館料200円(中学生以下無料)。問い合わせは生涯学習課(0779・66・5410)。
(福井)「天空の城」越前大野城、10月から午前6時開館:朝日新聞デジタルから)

出典: asahi.com


中津の城郭跡「次代に継承を」 九州研究大会 - 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate


日本最古の天守閣で秋を楽しむ!福井「丸岡城紅葉まつり」はイベントも満載 | 日本の歩き方


「津のまちを美しく」お城公園などで市民清掃デー - 産経ニュース


ふるさと納税の新たな取り組みとして、事業を提案し寄付を募る手法を導入する県は、第1弾として福井城山里口御門(やまざとぐちごもん)の復元を目指す。年内にも県のホームページや、大手資金調達サイトなどでPRしていく。

 山里口御門は福井城本丸西側の入り口を守る門で、西二の丸の山里丸から本丸への入り口の門として、城の創建当時につくられた。既に復元されている御廊下橋を渡った所に位置する。

 2階建ての櫓(やぐら)門と平屋建ての棟(むな)門を復元し、2016年度の完成を目指している。櫓門の高さは約8・4メートル、幅約11メートルを想定。瓦には笏谷石を使う。現在は設計の段階で、建設費は未定。

 門の復元は県と福井市が13年度に着手。専門委員会を設け協議を重ねている。10月1日からは堀の西側で、水を抜き足場を組むなどの仮設工事が始まる。

 ふるさと納税に関して、県はこれまで教育や古里の魅力を発信する事業などに使ってきた。担当部署や民間団体が事前に事業を提案し、寄付を募る「ふるさと応援ファンディング」を創設することで、寄付の共感を得て、潜在的な寄付者の掘り起こしにつなげたい考え。

 インターネットを通じて小口の資金を集める民間のクラウドファンディングも活用。寄付金はふるさと納税として処理する。寄付のお礼として、瓦の裏や、櫓門2階の壁板に寄付者の名前を入れる。

 ふるさと納税は08年度からスタート。近年は、寄付を受けた自治体がお礼に食品や酒など地元特産品を贈るなど、地域間の競争が激しくなっている。県ふるさと営業室は「復元される歴史的建造物を、より身近に感じてもらい、福井に足を運ぶきっかけにしてもらえれば」と話している。

 (ふるさと納税でお城の門復元へ 福井県、寄付者を掘り起こし 政治・行政 福井のニュース |福井新聞ONLINE:福井県の総合ニュースサイトから)

ふるさと納税の新たな取り組みとして、事業を提案し寄付を募る手法を導入する県は、第1弾として福井城山里口御門(やまざとぐちごもん)の復元を目指す。年内にも県のホームページや、大手資金調達サイトなどでPRしていく。

 山里口御門は福井城本丸西側の入り口を守る門で、西二の丸の山里丸から本丸への入り口の門として、城の創建当時につくられた。既に復元されている御廊下橋を渡った所に位置する。

 2階建ての櫓(やぐら)門と平屋建ての棟(むな)門を復元し、2016年度の完成を目指している。櫓門の高さは約8・4メートル、幅約11メートルを想定。瓦には笏谷石を使う。現在は設計の段階で、建設費は未定。

 門の復元は県と福井市が13年度に着手。専門委員会を設け協議を重ねている。10月1日からは堀の西側で、水を抜き足場を組むなどの仮設工事が始まる。

 ふるさと納税に関して、県はこれまで教育や古里の魅力を発信する事業などに使ってきた。担当部署や民間団体が事前に事業を提案し、寄付を募る「ふるさと応援ファンディング」を創設することで、寄付の共感を得て、潜在的な寄付者の掘り起こしにつなげたい考え。

 インターネットを通じて小口の資金を集める民間のクラウドファンディングも活用。寄付金はふるさと納税として処理する。寄付のお礼として、瓦の裏や、櫓門2階の壁板に寄付者の名前を入れる。

 ふるさと納税は08年度からスタート。近年は、寄付を受けた自治体がお礼に食品や酒など地元特産品を贈るなど、地域間の競争が激しくなっている。県ふるさと営業室は「復元される歴史的建造物を、より身近に感じてもらい、福井に足を運ぶきっかけにしてもらえれば」と話している。

(ふるさと納税でお城の門復元へ 福井県、寄付者を掘り起こし 政治・行政 福井のニュース |福井新聞ONLINE:福井県の総合ニュースサイトから)

出典: fukuishimbun.co.jp


山陰中央新報 - 鹿介の遺徳たたえる 月山富田城で「幸盛祭」


1 2 3 4 5