弘前城本丸の石垣修理事業に伴い、弘前城天守北側の発掘調査が26日から本格的に始まった。本丸での大規模な発掘調査はこれまで行われてこなかったため、外側からでは分からない石垣の内部構造や築城時(江戸時代初期)の遺構など新たな発見につながる可能性もある。100年に一度の“城普請”に合わせ、弘前城に刻まれた歴史の一端の解明に期待がかかる。発掘調査は11月まで行われる。
 【写真説明】文化庁の許可を受け、本格的に始まった弘前城本丸での発掘調査。歴史の一端をひもとく発見が期待される

 (  弘前城本丸の発掘調査 本格スタート by 陸奥新報から)

弘前城本丸の石垣修理事業に伴い、弘前城天守北側の発掘調査が26日から本格的に始まった。本丸での大規模な発掘調査はこれまで行われてこなかったため、外側からでは分からない石垣の内部構造や築城時(江戸時代初期)の遺構など新たな発見につながる可能性もある。100年に一度の“城普請”に合わせ、弘前城に刻まれた歴史の一端の解明に期待がかかる。発掘調査は11月まで行われる。
【写真説明】文化庁の許可を受け、本格的に始まった弘前城本丸での発掘調査。歴史の一端をひもとく発見が期待される

(  弘前城本丸の発掘調査 本格スタート by 陸奥新報から)

出典: mutusinpou.co.jp

Recent Posts

Loading...